スタッフおすすめワイン秋特集

秋の味覚のマリアージュ

01

「まるき葡萄酒の歴史」

aim for

明治10年、まるき葡萄酒創業者・土屋龍憲は日本人で初めてワイン醸造技術習得のためフランスへ渡りました。本場の栽培・醸造技術、料理とのマリアージュに感銘を受け、不眠不休で技術習得に励みました。「フランスワインがフランス料理に合うように、甲州ぶどうが日本食に合わないはずがない」。これが龍憲のぶどうにかける想いでした。今日のまるき葡萄酒は龍憲の志に立ち戻り、ワインと料理のマリアージュを追及しています。

02

「マリアージュとは」

マリアージュとは「結婚」や「婚姻」を意味する言葉ですが、食べ物や飲み物の組み合わせの相性がとても良い時に使われる言葉です。お互いが素晴らしい相性で、まるで溶け合っているかのようにしっくりして、切っても切れない調和した状態、まさに理想の結婚のように相性抜群のことをマリアージュといいます。

aim for

03

「スタッフが厳選するワイン」

まるき葡萄酒では、日々多数のスタッフが業務に携わっております。
営業、醸造、栽培etc…
それぞれのスタッフが自信をもってお勧めするワインをピックアップしました。
秋の食材とのマリアージュも合わせておすすめしておりますので、是非一度ご賞味ください。